リサーチ・マニア

グーグルの検索一位はヤフー

グーグル 検索ランキング 日本編

商売仇を売る商法

グーグルのZeitgeist(リンク)で発表された年間キーワード検索ランキングの日本国内編。
元ネタは以下のリンクです。
http://www.google.com/intl/ja/press/zeitgeist2009/regional.html#japan

元ネタのホームページでもランキング表だけ発表して論評を加えていないのが、年間ランキングという、
検索回数の絶対量のリスト。
その上位10位は以下のごとし。
1 yahoo
2 youtube
3 mixi
4 amazon
5 facebook
6 楽天
7 2チャンネル
8 hotmail
9 msn
10 ニコニコ動画

えー! グーグルでヤフーを調べるの?
っと思ったのは私だけ? 
セブンイレブンに行って、いきなり「ローソンはどこですか?」って聞くようなもんじゃないの?
まあ、私も実際、検索窓に"ヤフー"などと入力してますけど。みんなそうなのね。

これはヤフーでも同じで、ヤフーの発表している年間検索ワードランキングの上位10位は以下のごとし。
1 YouTube
2 mixi
3 2チャンネル
4 Google
5 楽天
6 Amazon
7 ニコニコ動画
8 goo
9 JAL
10 MSN

元ネタは(http://searchranking.yahoo.co.jp/ranking2009/general.html

常識的には商売敵のトコロには行かせたくない、なんとか手を打ちたい、とギリギリすると思うんだけど、
ネットの世界では違うみたい。
ユーザーの使い勝手が良ければ、敵の所に行こうが、お客は必ず帰ってくる。
ということなのだろうか?
うーむ。

<本稿終わり>
>>> リサーチマニア 目次に戻る
>>> ホームに戻る