リサーチ・マニア

日本人の知らない人気サイト

グーグル 検索ランキング 全世界編

世界は、まだ広い

日本経済新聞(2009年12月2日夕刊)で「今年の世界ネット検索 マイケルさん首位」として報道された、
グーグルの年間検索キーワード・ランキング。
Google Zeitgeist(ツァイトガイスト なぜかドイツ語タイトル)というプロジェクトです。

日経には1位マイケル・ジャクソン、2位フェースブック、3位Tuentiと報道されているけれど、
正確には、これ人気急上昇のキーワードのランキングで、検索回数の絶対的な多さのリストではありません。念のため。

以下はこの2009年人気急上昇キーワードの10位まで。

1 michael jackson
2 facebook
3 tuenti (スペインのSNS。言語はスペイン語なので全世界のスペイン語圏の人が対象。上位納得。)
4 twitter
5 sanalika (トルコのゲーム・サイト)
6 new moon (アメリカのホラー映画。今年のハロウィンの仮装でも人気。)
7 lady gaga (アメリカの歌手。チャートにいきなり出てきたからね。)
8 windows 7
9 dantri.com.vn (ベトナムのポータル・サイト。バナー広告はスズキでした。写真だけ見て回っても面白い。)
10 torpedo gratis (ブラジルのショート・メッセージ・サービス。Gratisは無料の意味。)
うーむ、世界は広い。知らないことばっか。

ネタ元はhttp://www.google.com/intl/ja/press/zeitgeist2009/index.htmlです。

同じページに載っているエンターテイメント関連の急上昇キーワードは
1 michael jackson
2 transformers
3 eminem
4 naruto shippuden (ナルト疾風伝 TVアニメ。ローマ字で検索されているってことは、日本以外からのアクセスってこと。)
5 beyonce
6 peliculas id (映画ダウンロード。スペイン語サイトです。)
7 paranormal activity (「ブレアウィッチ」みないなホラー映画 日本未公開 予告編は秀逸なマーケティング手法の実例。当該HPで観られます。)
8 anime online (日本アニメ好きのための英語ポータル。友達が描いてくれた自分の似顔絵を見るような変な気持ちになる。)
9 natasha richardson (今年3月に死去した女優)
10 poker face lyrics (またレディ・ガガ。彼女のヒット曲の歌詞。)

プロジェクト名のZeitgeist(ツァイト・ガイスト)とは、ドイツ語で時代の精神という意味。
ZeitはTime。Geistはそのまま英語にするとGhostなんだけど、この場合はSpiritですね。
なんでドイツ語なの? たぶん、Geistesgeschichte(ガイステスゲシヒテ History of ideas)という
学問領域からインスパイアされたんじゃないかな。
ガイステスゲシヒテとは。
「自然」とか「人間」とか普段使っている言葉のニュアンスは、
実は時代ごとに大きく変わってきているんだけど、
どう変わってきて、なんで変わってきたのかを研究する分野です。
検索されるキーワードから時代精神を読み取ろう、という高邁な意気込みが感じられます・・・(か?)
もしかしたら、ユーモアで大げさぶっている・・・(のかな?)
<本稿終わり>
>>> リサーチマニア 目次に戻る
>>> ホームに戻る